年末年始は高速バスでお手軽帰省

時間が掛かっても安い


今回は貸切バスではなく、高速バスの話です。高速バスは全国の色々な区間で利用されており、主要都市へ移動するには非常に便利な手段のひとつです。新幹線の料金の3分の1以下の値段で乗ることができるため、若者を中心に現在も人気があります。特に東京からは全国各地へバスが出ているため、在京の若者はよく利用しているようです。

高速バスは安いですが、その分時間が掛かります。長い区間で10時間以上も乗っていなければならないバスもあります。移動にお金を掛けたくないが、時間がたくさんあるという人向けの交通手段でしょう。また夜間の路線も多いため、バスの中で睡眠をとることになります。椅子などでもしっかり寝ることができる人のほうが向いているかもしれません。

事前に予約しておく


最近は高速バスに関するサービスも充実しており、パソコンやスマートフォンを使ってインターネット経由で予約することができるようになりました。バス停へ直接行っても座席に空きがあれば座ることができるのですが、もし満席の場合はまた次のバスを待たなければなりません。年末年始などで混んでいるシーズンは、予約をしておかないと最悪半日待たなければならないといったケースもあるようです。事前予約割引きなどがある運行会社もありますので、日程が決まっている人は事前に予約して座席を抑えておきましょう。

最近は予約サイトの中で遅延状況や混雑状況を知ることができるサービスもあります。このような状況はリアルタイムで更新されますので、外でも簡単に見ることができるスマートフォンで利用する方が便利だと思います。予約したバスが来なくても状況さえ分かれば少し離れた場所で時間をつぶすといったこともできますから、有効に活用してください。

車中で暇をつぶせるアイテムを持参する


高速バスの移動時間は長いです。社内は普通のバスですので、気軽に移動することもできません。そのため、座ったまま時間をつぶすことの出来るものを持っていきましょう。最近はスマホがあれば何でもできてしまいますが、何時間も利用していると充電も無くなってしまいますので、本やトランプなどのアナログなものもあるとよいかもしれません。

また、ぐっすりと眠っていきたい人にはアルコールもオススメです。飲み過ぎない程度にバス停の近くでビールやおつまみを買って持っていくと気持よく眠ることができるかもしれません。近くの席の人に気を配りながら、バスの旅を楽しんでください。

kosoku